胸の垂れる原因とは?理想のバストを手に入れる方法

胸の悩みは女性なら誰しもが抱えていると思います。大きい、小さい、離れている、垂れているなどなど悩みの違いはあれども何かしらあるのではないのでしょうか?私自身も元々胸が小さくAカップでしたが、妊娠により大きくなり喜んでいたところ、産後元のAカップよりもさらに小さくなり、さらに小さいので「垂れる」こととは無縁と思っていたのに、垂れてしまい悩みがさらに増えてしまいました。

そこで、胸の垂れる原因や改善方法について調べてみました!

どうして胸が垂れるのか?原因は?

まずは「どうして胸が垂れてしまうのか」をバストの構造を理解し、原因を理解しましょう。

バストの構造

バストは主に、母乳を作る「乳腺」とそれを保護する「脂肪組織」、土台である「大胸筋」、内部から支える「クーパー靭帯」などで構成されています。

バストが柔らかいのは、全体の約9割が脂肪でできているためです。大胸筋はあくまでも土台でバストそのものに筋肉はなく、コラーゲン繊維でできた組織のクーパー靭帯が重みを支えています。つまり、胸自体は脂肪でできているので、筋肉はなく鍛えても元には戻りません。

バストが垂れてしまう原因

1、クーパー靭帯の伸び・切れ

加齢とともに乳腺の発達が衰えると、皮下脂肪の割合が大きくなり、バストの重みが増します。また、走るなどの刺激でバストが揺れると乳腺組織を支えるクーパー靭帯に負担がかかることも知られています。その結果、胸を支えるクーパー靭帯が伸びてしまい、バストラインの崩れを引き起こしてしまいます。

さらに、妊娠や出産などによるバストサイズの急激な変化も、クーパー靭帯が伸びる原因になります。一度伸びてしまったクーパー靭帯は元に戻すのが難しく、切れてしまった場合は二度と修復しないので注意が必要です。

2、エストロゲンの減少

女性ホルモンの一つであるエストロゲンは、「美人ホルモン」とも言われ、乳腺の発達を促し、女性らしいふくよかなバストを作ります。エストロゲンの分泌が減少すると、バストはハリを失ってしまいます。年齢とともにエストロゲンが減少する以外にも、生活習慣の乱れやストレスによって女性ホルモンのバランスが崩れると、エストロゲンの分泌は減ります。

3、姿勢の悪さ

猫背など姿勢が悪いと、バスト周辺の血流が滞ってしまいます。血流が滞ると必要な栄養がバスト周辺の細胞へ行き届かず、バストはどんどんとハリを失っていきます。また、土台となっている大胸筋も衰えていきます。

4、サイズの合わないブラを着ける

胸のサイズにあったブラジャーを着けることはバストをしっかりと守るために非常に重要です。本来のサイズよりも大きいブラジャーを身に着けていると、バストの脂肪が背中やお腹に流れてしまい、反対にブラジャーの締め付けが強すぎても、バストをつぶして形を崩す原因となってしまいます。

いかがですか?バストの形を崩してしまう原因に心当たりはありますか?私自身も姿勢の悪さやサイズの合わないブラジャーをつけていたなど思い当たる原因がたくさんありました。そこで、実際に使える対応策を調べました。

バストの崩れを食い止めて改善するには?

1、生活習慣の改善

生活習慣の乱れが女性ホルモンを減少させてしまうため、生活習慣を整えることで女性ホルモンの分泌を促進する必要があります。

女性ホルモンの分泌を促す成分として注目されているのが、大豆イソフラボンや、ビタミンB6・ビタミンEなどのビタミン類です。

大豆イソフラボン

大豆食品全般に含まれ、女性ホルモンと同じ働きをします。

ビタミンB6

マグロやカツオなどの魚類に多く含まれる成分で、エストロゲンの代謝を促す働きがあります。

ビタミンE

ホルモン分泌を調整し、抗酸化作用により美肌効果も期待できます。ナッツ類などに含まれているので、小腹が空いたおやつにナッツなどを食べるものおすすめです。

良質なタンパク質

女性ホルモンは、タンパク質とコレステロールから成り立っていますので、過度なダイエットなどはせずにバランスの良い食事を心がけましょう。

2、睡眠の質を上げる

女性ホルモンが最も活発に分泌される夜10時~深夜2時の「シンデレラタイム」の間に深い眠りを得られるように、睡眠サイクルを整えましょう。なかなか睡眠時間が十分の取れない場合でも、リラックスして眠ることができるようにぬる目のお風呂に浸かったり、アロマなどを焚くなど工夫をしてみましょう。

3、正しいブラを着ける

妊娠・出産時には特にバストラインが崩れてしまう場合があります。急激なバストサイズの変化が起こりやすい妊娠・授乳中には、変化に合わせてその都度適正なサイズのマタニティブラを着用しましょう。
また、ランニングなどの激しい運動をする際には、クーパー靭帯が伸びたり切れたりするのを防ぐためにスポーツブラの着用がおすすめです。
寝るときもナイトブラを着用すると、バストの脂肪が脇や背中などに流れず、下垂を防ぐことができます。

正しいブラの選び方とは?

バストを測る場所は「トップ」と「アンダー」の2カ所になります。
トップバストは、バストの最も高い位置、つまりちょうど左右の乳首を結んだラインです。アンダーバストは、バストのすぐ下のラインのことです。この2つの数値の差によってカップのサイズが決まります。

バストの測り方

1、バストを測るときは、上半身が全て映る大きさの鏡の前に立ち、背筋を伸ばしてまっすぐに立ちます。

2、体を90度前に倒し、おじぎをした状態でトップバストを測ります。

ゆっくりと深呼吸をして、体から力が抜けた状態でサイズを測りましょう。

3、手持ちのブラジャーの中から、パッドの入っていないタイプで一番フィットしていると思われるものを選んで着け、その上からトップバストを測ります。

以上3つの方法で測ったトップバストのサイズを比べて、最終的な数値を決めます。

バストの形や下垂の具合にもよりますが、30代前後から、2と3の方法で測ったサイズのほうが、1で測ったサイズよりも大きくなる傾向にあります。(バストが垂れてしまっている場合)

1、2、3の測り方によって差が出ている場合は、大きいほうのサイズを選びます。

似合うブラジャーのタイプとは

ブラジャーにはカップの大きさや形によってさまざまな種類があるので、目的にあって選びましょう。

1、フルカップブラ

カップがバスト全体をしっかりと包み込んでカバーしてくれ流ので、安定感が欲しい人やバストにボリュームのある人、バストのハリがなくなってきて横流れが気になる人におすすめです。

2、3/4カップブラ

カップの上部1/4をカットした形のブラです。バストを斜め下から中心に向かって持ち上げて寄せ、ワイヤーやパッドによってボリュームアップもできるので、谷間を強調したいときにぴったりです。

3、1/2カップブラ(ハーフカップブラ)

フルカップブラの下半分だけの形のブラです、バストの形を整えながら上向きに持ち上げるので、バストの下垂が気になる人には特におすすめの形です。胸元が広く開いている服を着るときや、露出が増える夏場に活躍してくれます。

正しいブラの着け方をマスターしましょう

サイズが合っていても着け方が間違っていると、ブラによるバストアップ効果やフィット感を得られなくなってしまうので、必ず正しい方法で着用しましょう。

1. ブラのストラップに両腕を通して肩にかけ、体を前に倒してバストをカップの中に入れます。

2. そのままの姿勢で後ろのホックを留め、左手で左肩のストラップを少し引っ張って浮かせながら、右手で左のバストを優しく引き上げてカップに収めます。

3. 右のバストも同様にしてカップに収めたら、体を起こし、最後に肩のストラップを調整します。

4. 体を左右に動かしたり両腕を上下したりして、違和感がないかチェックしたら完了です。

<チェックリスト>

・カップが浮いたり、余ったりしていないか?
・カップが食い込んだり、締め付けが苦しく感じたりしていないか?
・アンダーバストがずり上がっていないか?
・アンダーバストが食い込んで苦しくなっていないか?
・ストラップがずり落ちていないか?
・ストラップが食い込んでいないか?
・ワイヤーが当たって痛くないか?
・バストラインが下を向いていないか?
・ブラの脇部分にたるみや浮きがないか?

こちらの違和感がないことをしっかりと確認して、バストが横流れしてしまわないように正しく着用しましょう。

毎日の積み重ねで綺麗なバアストをキープすることができますので、取り返しがつかなくなる前に是非見直してみてください。

24時間着用できる人気の加圧ブラはこちらから

コメント